美容室マーケティング お客様を呼ぶAIDAモデル

アイキャッチ

美容室は集客が重要と言われますが、集客の時にお客様はどのように認識して来店されているかご存知でしょうか?

それを読み解いてくれるのがこのAIDAモデルです。

AIDAモデルとは?

AIDAモデルは、購買決定までの顧客の状態変化を表したものです。

AIDAはその状態変化プロセスの頭文字をとったものです。
上から順に顧客の状態が変化していきます。

  • Attention(注意)
  • Interest(興味)
  • Desire(欲求)
  • Action(行動)

AIDAそれぞれの顧客状態と行うべき施策

Attention(注意)

顧客は、商品やサービスを知らない状態または、知っているが忘れているです。この状態では、認識度をあげることが必要です。

宣伝広告による認識度をあげる施策が有効です。
美容室の場合だと、ビラやSNS、掲載サイトがこれに該当します。

Interest(興味)

顧客は、商品やサービスに関して認知しているものの、商品やサービスに対して興味がない状態です。
この状態では、商品に対する評価育成が必要です。
評価育成とは、商品やサービスの価値を理解してもらうことです。

サービスであればお試し価格(初回割引)でのキャンペーンが有効です。
商品であれば、試供品をプレゼントすることが有効です。

美容室の場合は、新規顧客へのクーポン発行や、スタンプカードのプレゼントがこれにあたります。

Desire(欲求)

顧客は、商品やサービスを欲しいと思っていない状態です。
この状態では、ニーズ喚起が必要です。


ニーズ喚起とは、お客様に商品やサービスを欲しいと思ってもらう施策のことです。

この状態では、ヒアリングによって問題喚起をしていきます。訪問販売などのインタラクティブなやりとりができるときにはヒアリングが有効です。

美容室の場合は、来店したことがないお客様ひとりひとりにカウンセリングするのは難しいと思います。

そこで、有効なのがお悩み事例と提供しているサービスや商品でお悩みを解決できるをホームページやビラに掲載することです。
例えば、「髪のダメージ気になってませんか?」「カラーしたいけど髪が傷むのはいやではないですか?」というお悩み事例です。解決の部分は「当店では〜を使っているのでダメージケアできます。」といった文言を入れます。

また、SNSでおしゃれな髪型や綺麗な髪を投稿することによりニーズ喚起ができます。SNSで髪の写真を見た顧客は、自分もこんな髪になりたいと思い、ニーズ喚起になります。

このようにして美容室でもニーズ喚起の施策が可能です。

Action(行動)

顧客は、商品やサービスを買おうかどうか迷っている状態です。
この状態では、購入意欲の喚起が必要です。

購入意欲の喚起は、口コミやパブリシティです。
パブリシティとは、ライターによる記事や評論のことです。

いい商品と書いてあっても本当かどうかわからないですよね。
そんな時、ネットに良い口コミがたくさん書いてあれば商品やサービスを使ってみようとなります。

美容室では、掲載サイトの口コミ、Google Mapの口コミも有効です。
口コミを書いてくれるようにお願いしたり、口コミを書いてくれたら割引するなどの施策が考えられます。

AIDAモデルから美容室集客を考える

AIDAモデルが何かはご理解いただけたでしょうか。
では、AIDAモデルを使って自店の集客をどのようにすべきか考えていきましょう。


>Attention(注意):認知度向上が必要
・ビラ配り(ポスティング)が有効です。駅前でのビラ配りでターゲット顧客だけにビラを配ることは非常に有効です。
・地域名+美容室(美容院)と検索した時に、検索広告でホームページを検索上位に表示する。
・ホームページのSEO対策を行い、地域名+美容室(美容院)で検索結果上位に表示されるようにする。

>Interest(興味)
・認知度向上の時に配るビラやホームページの内容を改善して、よりどんなサービスかわかるように具体的な掲載を行う。
・Youtubeやインスタグラムで動画配信をして美容室のサービスに関する内容を伝える。文字や静止画よりも動画の方が顧客に伝わりやすいため動画がオススメです。Youtubeであればホームページに埋め込むこともできます。

>Desire(欲求)
・SNSでおしゃれな髪型や綺麗な髪の写真を掲載する。
・美容室での商品販売であれば、お客様に髪の悩みについてカウンセリングする。

>Action(行動)
・Google Mapや美容室掲載サイトに良い口コミを書いてもらう。
・ホームページにお客様の声(口コミ)を載せる。

まとめ

AIDAモデルのように消費者がどのような状態にあり、行動するかによって、集客を考えるととても効果的な集客効果が期待できます。
多くの美容室は、認知をたくさん広めようと広告や掲載ばかり気にされているのではないでしょうか。
ぜひ、AIDAモデルを考慮した集客行ってみてください。