レスポンシブデザインって何?-美容室ホームページ

アイキャッチ

ホームページを作るとき、レスポンシブデザインという言葉をよく聞きます。
よく聞くけど、よく分からないという方も多いのではないのでしょうか。

今回は、このレスポンシブデザインについてのお話していきます。

レスポンシブデザインって何?

スマホ対応との違いは?

レスポンシブデザインとは、画面サイズが違う端末であってもその画面幅に合わせて切り替え・調整されるデザインのことです。

レスポンシブデザインは「スマホ」・「タブレッド」・「パソコン」などあらゆる画面幅に対応します。

スマホ対応というように記載されている場合でも、レスポンシブデザインである場合もあります。
しかし、一部の美容室ホームページ制作会社では、「タブレッド」サイズのデザインは施してない場合もありました。
タブレッドでの表示について事前にホームページ制作会社に確認すると安心ですね。

スマホだけでもたくさんの画面幅がある時代

例えば「iPhone」、iPhoneでも機種ごとにその画面幅が異なります。
iPhone 7,8が 750px × 1334px
iPhone SEが 640px × 1136px
iPhone XRが 828px × 1792px
このように、iPhoneの機種だけでも様々な画面幅があります。

また、Android端末であれば、かなりの機種があり画面幅もその機種によって様々です。

このような場合、画面幅に合わせたデザインにならなければ空白ができ無駄なスペースを作り出すことになります。
そうならないように、レスポンシブデザインで画面幅に合わせたデザインにする必要があるのです。

レスポンシブデザインのホームページ制作を選ぶべき

美容室向けのホームページ制作会社のホームページを見ているといまだにPCのみにしか対応していないプランが掲載されている場合があります。

お客様が美容室のホームページを見るときに使われる端末はほとんどがスマートフォンの時代です。また、スマートフォンやタブレッドの普及によりパソコンが家にない家庭も増えています。美容室のホームページであれば、パソコン向けのデザインよりスマートフォン向けのデザインを重視すべきです。

レスポンシブデザインであれば、「パソコン」「スマートフォン」どちらにも対応しています。
格安という言葉に惑わされずに、必ずレスポンシブデザインでホームページ制作をするようにしましょう。

SEO的にもスマホ対応は重要

SEO的にもスマホ対応は重要と言われています。
Googleサーチコンソールでは、スマホで見た時に問題があるとエラーが出るようになっています。
Googleもこのようにスマホの重要性について重要視しているのです。

まとめ

今回はレスポンシブデザインについてお話しました。
ホームページ制作をお考えの方は必ずレスポンシブデザインのホームページ制作をするようにしましょう。