美容室マーケティングの4P分析

アイキャッチ

美容室の集客アップには、マーケティングの4P分析は必須です。
企業のマーケティング担当者であれば必ず使うこの4P紹介していきます。

そもそも4Pって何?

4Pとはマーケティングミックスと言われるマーケティング手法の一つで、お客様に来店いただくために企業や店の持つマーケティングの道具を組み合わせることです。

下記が4Pの内容です。

  • Product(プロダクト:製品)
  • Price(プライス:価格)
  • Place(プレイス:流通)
  • Promotion(プロモーション:販売促進)

美容室に置き換えると、、、
それぞれ以下のようになります。

Product(プロダクト:製品)
  =>サービス・店内の内装など

Price(プライス:価格)
 =>メニュー価格

Place(プレイス:流通)
 =>出店場所

Promotion(プロモーション:販売促進)
 =>集客方法

4Pはマーケティング戦略の一部

そもそも、4Pってマーケティング戦略の一部なので、4P分析だけするものではありません。

以下の順番で行います

  1. マーケティング環境分析と市場機会の発見
  2. セグメンテーション(市場細分化)
  3. ターゲティング(市場の絞り込み)
  4. ポジショニング
  5. マーケティング・ミックス(4P)
  6. マーケティング戦略の実行と評価

セグメンテーション(客層の分解)とターゲティング(客層の選択)、ポジショニング(自店の立ち位置)を決めてから、4P分析に入る必要があります。

美容室の4P

Product(プロダクト:製品)

美容室(美容院)では、サービス内容のことです。

カットやパーマなどのメニューに加え、普段のヘアセットへのアドバイスなどもサービスに含まれます。

お客様に提供するものは何か?という視点で考えると分かりやすいかもしれません。

お客様の求めているもの(ニーズ)を満たすサービスを提供するようにしましょう。

差別化された事例としては、頭皮診断やヘアカラーの定額課金制サービスなどがあります。

Price(プライス:価格)

価格設定になります。

お客様に受け入れられる価格なのか、ブランドイメージを落とさない価格なのか、きちんと利益が出せる価格なのかを検討する必要があります。

Place(プレイス:流通)

美容室(美容院)の場合は、出店場所のことです。

サービスや価格にあった出店場所なのかを検討する必要があります。

また、都市部の一等地に出店すれば人通りが多いから集客できると安易に考えている場合は危険です。必ず一等地には競合がたくさんいます。また、テナント費用が高額となるため結果的に競合が少ない場所に出店したほうが利益が高くなる場合もあります。

Promotion(プロモーション:販売促進)

美容室の場合は、集客になります。

客層に合う集客手段なのかを検討する必要があります。

一部の美容室掲載サイトだと、クーポン目的の安さを求める客層が多い可能性があるので注意が必要です。

高価格帯の場合は、美容室のブランドイメージを落とさないために、InstaglamやGoogle検索広告、SEO対策によるホームページ集客などがオススメです。

オンライン広告の場合、広告をだす競合が多いと費用が高くなる場合があります。競合の状況を確認して広告をだすようにしましょう。

また、おしゃれな立て看板などのオフラインでの集客も有効です。

既存店の4P実行優先順位

4Pの内容が理解できたら、どの施策から始めたら良いのでしょうか?

既存店が行う場合、4Pの実行には優先順位があるんです。
意外と知られていないんですが、、、


オススメなのは下記の順です。

  1. Product(プロダクト:製品)サービス・店内の内装など
  2. Price(プライス:価格)メニュー価格
  3. Place(プレイス:流通)出店場所
  4. Promotion(プロモーション:販売促進)集客方法



理由について
まず、集客を先にやってしまうのが最もNGな例です。
サービスや価格、出店場所がよくなければお客様はほとんど来てくれませんし、来てくれてもリピートしないため集客費用の無駄になってしまいます。


プロダクトつまりサービス作りから先に始める理由は、お客様はなぜ美容室に来ているかというとサービスを受けるためです。
お客様は安いから来ているのでもなく、家から近いから来ているのでもなく、サービスを受けるために来ているのです。

また、サービスを先にすることで、価格を変えずに既存顧客にお試しでサービスを試して反応を見ることもできます。
サービス内容がよければ、他店との違いを打ち出せるので過度な価格競争に巻き込まれることなく、余裕のある美容室経営が可能になります。


価格から入るのもやめたほうが良いです。低い価格だとお客様はもちろん来てくれますが、美容室経営は苦しいものになります。ほとんど利益が出ないのにお客様が多くスタッフは疲弊してしまいます。価格を一度下げてしまうとなかなか上げにくいという面もあるので価格を下げることはオススメできません。
また、低価格の美容室で働きたいというスタッフは少ないのではないでしょうか。人材採用にも影響してきますので、価格から入るのはやめましょう。


一度出店してしまうと、店の場所を変えるのはなかなか難しいと思います。なので、出店場所の優先順位は下げています。

まとめ

4P分析を紹介しました。
これから出店する方も、出店済みの方も一度4P分析を行ってみることをオススメします。
集客できている店でもさらに高価格帯のポジションを取り、利益率をあげることができるかもしれません。
ぜひ4P分析やってみてください。