美容室経営戦略の立て方

アイキャッチ

今回のテーマは美容室経営について
独立を考えている方や、美容室経営が上手く行っていない方はぜひ読んでみて下さい。

美容室を独立して立ち上げる人はかなり多くいらっしゃいます。
その理由は、参入障壁が非常に低いからです。

ただ、出店後数年で潰れる店も多いと言われています。

自らの美容室を持ちたいという夢を持つことは素晴らしいと思います。
ぜひ私としても応援したいと思っています。

しかし、何も考えずに出店してしまうと、やはり潰れる可能性が高いです。
今回の記事では、美容室経営を始める前に考えておきたいことと題して、独立前に考えておきたいポイントを記事にしました。

美容室経営をはじめる前に経営戦略を書く

美容室の経営戦略というと難しく聞こえますが、内容はシンプルです。

いつ、どこに、どんなサービスで出店するのかを決め、
出店した時に経営を継続できるか調査するのです。

経営をやる時には2回の創造が必要

経営をやる時には2回の創造が必要です。
1回目は、頭の中で創造すること。つまり経営プランを作ること。
2回目は、実際に創造すること。つまり出店し実際に経営すること。

なぜ、2回の創造が必要なのか?
実際に出店して失敗するより、事前にシミュレーションして失敗に気付く方が失敗のダメージが少ないからです。また、成功する確率をあげることができます。

必ず、美容室経営をはじめる前に経営プランを作りましょう。

最低限考えておくべきこと

経営プランに含めるべき内容を記載します。
ノートに書いて考えてみましょう。

基本プラン
 ・どこに出店するか
 ・どんなサービスを提供するか
 ・どんな客層向けにサービスを提供するか

財務戦略
 ・想定売上/月はどのくらいか
 ・想定経費/月はどのくらいか
 ・利益/月はどのくらいあがるか
 ・初期費用はどのくらいか
 ・初期費用を払う資金は調達できるか
 ・調達した資金の回収計画は問題ないか

マーケティング戦略
 ・出店予定のお客様はどんなお客様か
  ・どんな美容室やサービスが求められているか
  ・お客様の数はどのくらいか

 ・どんな競合がいるか
  ・競合はどんな客層向けにサービスを提供しているか
  ・どんなサービスを提供しているか
  ・価格はどのくらいか
  ・店内の雰囲気やホームページのデザインはどうか

・自店は出店しても問題ないか?
 ・競合店の客層と自店の客層は違うか
 ・客層が同じ場合、競合店に勝てるサービスか
 ・客層が同じ場合、競合店に勝てる価格か
 ・客層が同じ場合、競合店に勝てる店内の雰囲気やホームページデザインか
 ・売上計画を達成できる程度の集客ができるか
 ・長期的に利益を上げられるか

事例や、もう少し細かい調査ポイントは改めて別記事にする予定です。
完成したらこちらにもリンクを書きます。

仮説と検証を繰り返して調査する。

調査方法としては仮説と検証を繰り返すのが一番です。

調査内容は、上記の「最低限考えておくべきこと」の内容に沿って行ってみください。

仮説
最初に書いた基本プランが仮説です。
いつ、どこに、どんなサービスの美容室を出せばうまく行く。

検証
なぜうまく行くのかを検証していきます。
自店のサービスが本当に求められているのか、
競合との競争に勝てるかを検証していきます。

おそらく最初は、競合がいてその競合に勝てないという結果になるのではないでしょうか。

仮説と検証を繰り返して、競合に勝てるプラン、きちんと利益を出せるプランに仕上がれば完成です。

まとめ

  • 美容室経営をはじめる前に経営戦略を書く
  • 経営をやる時には2回の創造が必要
  • 最低限考えておくべきことに沿って考える
  • 仮説と検証を繰り返す